yamasyatyoのビジネスブログ

ビジネスについて経験・学んだことを発信しています。

可能性を広げるには『知る』こと!!

こんにちは!! yamasyatyoです。

 

今日は『知る』ことで可能性が広がることをお伝えしたいと思います。

 

例えば、

僕の経験談で言うと起業したことです。

元々は会社員をしていたので、起業することは難しいと思っていました。

ですが、起業している人から起業する手順を教えてもらったりする中で、起業することのハードルが下がりましたし難しいとかできないと思う事もなくなりました。

このように、『知る』ことで、できることへの可能性が広げることができます。

ここで重要なのは、経験したことのある人から教えてもらうことです。

経験した事のない人から教えてもらってもネガティブな意見が多いはずですし、そこから可能性が広がることはありません。

なぜならその人には経験がなく『知らない』からネガティブな意見になるのです。

なので、

経験したことのある『知っている』人から聞いて教わることが重要なのです。

 

知らないことは恐怖心がありますが、知ることによって払拭されチャレンジできるようになることは、とても多いですよ!!

まずは知ることから始めましょう!!

 

 

 

 

平社員のうちにいろいろ挑戦しましょう!!

こんにちは!! yamasyatyoです。

 

今日は平社員のうちにしたほうが良いことをお伝えしたいと思います。

 

結論から言うと、様々な挑戦をして色々経験した方がいいという事です。

平社員なら役職のある人より責任は格段に少ないですし、失敗してもリスクが低いのです。また、そこで失敗をすることによって将来に活かせる幅が広がります。

 

例えば飲食店でいうと、

社員のうちに、様々な広告を試してどれが一番効果的か研究することができる。

などのことが挙げられます。

社員なので、会社が広告費を出してくれますし、たとえ失敗しても自分に請求が来ることはありません。どんな広告で、どんな媒体で、どんなクーポン券をつけるかなど、研究ができ、一番効果的な方法が経験によって身に着けることができる。

仮に独立してから、広告を出すとなると、自分で広告費を出さなければならず、請求先も自分ですし、失敗したら莫大な広告費用が水の泡になってしまいます。

社員のうちに挑戦して、それらの技術を身に着けておくとスムーズな経営ができることは間違いありません。

社員だからこそ、様々な経験と挑戦ができるのです。

是非、積極的に動いてみて下さい!!平社員こそ最強なのです。

 

 

 

 

 

 

成長スピードの速い人の特徴

こんにちは!! yamasyatyoです。

 

みなさんは自分が好きですか??

成長スピードが速い人は自分の事が好きな人が多いです。

自分が好きという事は、セルフイメージも高くて成長スピードも速いです。

セルフイメージはビジネスにとっても大事で結果を出すのに大いに関係しています。

 

試しに

一度、自分がどんな人なのか紙に書き出してみて下さい!!

仕事ができる。優しい。など何でも構いません。

紙がない人は、自分がどんな人なのか頭で想像してみて下さい。

 

出来ましたでしょうか?

例えば

  • 仕事ができない
  • ツイてない
  • なにをやってもうまくいかない

など、セルフイメージが低くないですか?

セルフイメージが低いと成長スピードも遅くなるばかりか、本当に今、紙に書き出した自分のまま何も変わることができません。

なぜか?

『自分は何をやってもうまくいかない』→そうおもったらそうなるんです!!

『自分は何をやってもうまくいく』→そうおもったらそうなるんです!!

だったら、自分はなにをやってもうまくいくと思った方が良いですよね?

 

では、どうやったらそう思えるのでしょうか??

①小さな成功体験を積み重ねる

 小さな成功体験とは、本当に小さな事で構いません。

今日は~さんに電話するとか、何時までに仕事を終わらせる等、誰にでもできる些細な事でも良いのです。

ただし、それができたときには、口に出して出来たと言うようにして下さい。

これを積み重ねると不思議と自信がつきセルフイメージが高まります。

②自分は『できる 成功する うまくいく』と言葉で発する。

僕の記事ではポジティブな言葉の大切さを書いた記事が多いのですが、ポジティブな言葉に変えるだけでセルフイメージが高くなるのです。

言葉で発することで脳がそう思い込みそう思うことができます!!

思い込みの力はそれ程最強なのです。

 

是非試しに行ってみて下さい!!

そしてセルフイメージを高めて、自分を好きになりましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

ポジティブな言葉を使うと人は変わる!!

こんにちは!! yamasyatyoです。

 

ポジティブな言葉を使うと人は変わることができます。

なぜだかわかりますか??

 

その前にネガティブな言葉を使うとどうなるでしょうか?

例えば、『ムリ』、『ツイてない』、『出来ない』などネガティブな言葉を使うと、コルチゾールが増えることが米の研究で明らかになりました。

このコルチゾールとは、肌や細胞の老化、肥満、うつ病の原因になる物質です。

 

ポジティブな言葉を使った場合はどうでしょうか?

逆にコルチゾールが減ることが明らかになっています。

ポジティブな言葉を使う大切さは過去の記事に書きまくっていますが(笑)、今回はポジティブな言葉を使うだけで、肌や細胞の老化、肥満、うつ病を防ぐことができるという科学的根拠のご紹介でした。

 

良いことがあったら、ポジティブな言葉を使うのではなく、悪いことがあってもポジティブな言葉を使うようにしてみて下さい。

もっと言うと、ポジティブな言葉を使っているから良いことが起こります!!

ネガティブな言葉を使っているから、悪い出来事が起こります!!

 

今からポジティブな口癖をつけましょう!!

 

 

 

相手を動かす話し方!!

こんにちは!! yamasyatyoです。

 

相手を動かす話し方をご紹介したいと思います。

基本で重要な事はアイコンタクトです。

アイコンタクトをして話されると幸福物質のドーパミンが出ることが研究で明らかになっています。

そのドーパミンは嬉しい、楽しいという感情を生み出す源なのです。

 

人の会話中のアイコンタクト時間は30~60%と言われていますが、

アップル社を作った、あのスティーブ・ジョブズは90%を超えていたそうです。

 

相手の目をみて話す時間が長いほど相手にドーパミンを放出させワクワクさせることができるのです。

また、アイコンタクトにより、堂々としていて頼れる、仕事ができそうなど好印象を残すこともできます。

 

今からアイコンタクトを意識してするようにしてみましょう!!

 

値上げします!!!

こんにちは!! yamasyatyoです。

 

明日から、またまた店の商品の値上げを行います!!

値上げの必要性はこちらを是非ご覧ください。

 

www.yamasyatyo.com

 

ビジネスにおいて、値下げするともう潰れる時代が来ていると思います。

前記事でも紹介しましたが、

ビジネスにおいて、値下げして商品を売ろうとすると、客数をその分増やさなければならず、従業員も疲弊し、サービスが低下し、クレームが増える負のスパイラルにどんどん陥ります。

僕の働いています飲食業界においても、客数を取り合うため、体力がないお店は潰れてしまいます。

この先さらに人口も減少するので、さらに飲食店の数は減っていくでしょう!!

 

そこで、飲食業界全体で値上げをする必要があるのです。

そうすることにより、時間に余裕ができ人手不足もなくなり、サービスの向上ができるのです。

例えば、うちのメニューで1000円のメニューがありますが、販売すると300円の利益だったとしましょう。この商品を値下げして800円で売ると100円しか利益がでません。100円の利益という事は、今までの3倍はお客様を呼ばなければなりません。もちろん3倍忙しくなり従業員は疲弊しサービスも低下しクレームが増えます。

人手不足の職場では、とてもやっていけないでしよう!!逆に1300円に値上げして販売した場合は600円の利益が出ます。値上げしてお客様が減ると言う方がいらっしゃいますが、全然減っても構いません。仮に今までの半分にお客様が減ってしまっても今までと同じ利益は出るのですから!!お客様が減った分、時間にもゆとりができ、従業員にもゆとりができ、人手不足は緩和されます。もちろんサービスの向上に時間を割けるため、リピーターさんも増え売り上げも時間の問題で上がってくるでしょう。

以上のことをふまえて、明日からまたまた値上げます!!

ぜひ、みなさんも僕と一緒に値上げしましょう!!

 

人手不足解消方法!!

こんにちは!! yamasyatyoです。

 

今日は人手不足を解消させる方法をお伝えしたいと思います。

いきなりですが、それは

社員、アルバイトさんを辞めさせないことです。

 

せっかく人が入ってきても、辞めていく人が多いと永遠に人手不足のままです。

例えるなら、バケツの底が抜けているのに水を入れ続けても水が溜まらないのと同じです。

辞める人が多く人手不足の状況だと、社員、アルバイトさんの負担が大きくなり、さらに人が辞めて人手不足に拍車がかかります。

辞めないようにすると、あとは採用に力を入れれば人手不足は緩和していきます。

 

では、どうやって辞めさせないようにするのでしょうか?

それは、キミは大事な存在であり大事な戦力だということをしっかり伝えてあげることです。

僕が最初に経営していたフランチャイズの飲食店ではアルバイトのスタッフさんが多く、辞めていってしまうこともしばしばあり人手不足の状態になったこともありました。そこで、スタッフさんが帰るときに、『今日もありがとう!今日も接客が素晴らしかったよ』とお礼とスタッフさんの良いところを一言添えて伝えるようにしました。

後から思えばですが、それを始めてから辞める人がいなくなったのです。学校を卒業して辞める人はいましたがそれ以外はいませんでした。

社員、アルバイトさんを承認して、褒めてモチベーションを上げてあげると、人は必ずついてきてくれるのだと体感しました。

 

逆に絶対にしてはいけないことは、社員、アルバイトさんを怒鳴り散らしたり、職場の雰囲気が悪くなるようなことを言ったり、モチベーションを下げてしまうような言動、態度をすることです。

上司、リーダーの仕事は部下のモチベーションを上げて、才能を発揮してもらうことなのですから。それがしっかりできていれば辞める人は少ないに違いありません。

人手不足がない職場は、職場の雰囲気も、もちろん業績も全てうまくいっています。

もっと皆が承認される世の中になり、皆さんの職場も人手不足が解消されることを願います。