yamasyatyoのビジネスブログ

ビジネスについて経験・学んだことを発信しています。

フランチャイズ事業

こんにちは!! 前記事の続きを早速綴りたいと思います。

フランチャイズ事業のはじまり 

フランチャイズに加盟したら、まず研修が始まります。ここでは経営に関するノウハウを教えてくれます。自分が加盟した飲食店では、営業の仕方(オペレーション)、アルバイトの雇い方、飲食店を始めるにあたり申請の仕方(保健所等)等々、自分の分からないことは基本的に全ておしえてくれました。研修期間中は僕が加盟した企業では、既存の店舗に実際に配属されて社員の方と一緒に働きました。(悲しいことに給料はでません)

そこで実際、様々なことを学びました。最初はホントにただのド素人で右も左も何もかもわからなかったので不安でしたが色々教えて頂きました。開店前からの準備から閉店ごの片づけまで、それから仕込み、材料の発注、集客の仕方、オペレーション、スタッフとの協力が非常に大事なことなど基本的に一通り教えて頂きました。こうして無事に研修を終えることができました。

 

物件探し

研修期間中に行ったこととして、自分のお店の物件探しでした。物件は非常に大事なので、様々なところに内見に行ってまわりました。立地はとてもいいけど家賃がとても高い物件、家賃が安いけど主要道路から裏に入った目立たない通りにある物件など色々ありました。立地が良い物件は集客できる反面もし想定外にお客様が少なかったりしたら、すぐに資金繰りが厳しくなり潰れてしまいます。家賃が安くても裏に入った目立たない物件は、認知されるまでとても時間がかかりますしそれまで資金繰りがもつかわかりません。自分はもともと郊外店で探していて、ちょうど居抜きで家賃は安くもなく高くもなく立地も大きな通りに面した物件があったので、そこに決めました。物件に関しては絶対に居抜きがおすすめです。最初に開店するにあたり想像以上のお金が掛かってくるからです。スケルトン(何もない状態)から借りて内外装を工事して機材などを購入するとなるとすごく金額がかかってきます。それに対し、居抜きの場合はちょっとした内外装の工事と備品のみ揃えれば営業できるからコストが何倍も差が出てきます。

 

オペレーション

実際に物件が決まると次は内外装の工事をします。本部から工事業者を仲介してもらい内装をどういう感じにするか外装の看板はどうするかなど打合せをして、あとは工事費用の交渉をして納得し契約すると工事が始まります。その間にも研修に行き、アルバイトを募集して、面接、採用します。内外装の工事が終わると、アルバイトの方たちと一緒に店舗で研修で習ったことを自分のお店に落とし込みます。実際にお客様の役をやってもらい料理も実際に作って運びます。これが不十分だと開店当初にせっかく来店してくださったお客様にしっかりとしたオペレーションができません。逆に言えばここさえしっかりやっておけば、いざ開店してもあたふたすることもなくしっかりと営業する事ができるのです。

オープン

こうしてオープンを無事に迎えることができました。

しかし、ここで大きな失敗をしてしまいました。オープン当日に予想していたお客様より多くのお客様にご来店頂いたのです。そうすると、すぐに満席になり待ちのお客様でいっぱいになり、スタッフがあわててミス(ドリンクをこぼすなど)をしてどんどん提供も遅れお客様の不満につながってしまったのです。もっと練習してしておくべきだったと後悔しました。また、開店当初は、お客様がどれだけ来店されるかわからないため、

材料の仕入れ量やアルバイトさんの人数などわからないことだらけでした。オープンから1週間程でだいたいつかめてくるのですが、それまでがいろいろ大変だったのを覚えています。ですが自分のお店を持てた喜びが大きく頑張ることができました。

そして思いもよらぬ業績不振の期間に入っていくのでした。次記事に業績不振だった期間と脱出した方法などを赤裸々に綴りたいと思います。