yamasyatyoのビジネスブログ

ビジネスについて経験・学んだことを発信しています。

飲食店経営の良いところ・メリット

皆さんこんにちは!!yamasyatyoです。

今日は飲食店経営の良いところ(メリット)をお伝えしたいと思います。

 

①お客様の笑顔を見ることができる。

やはり一番はこれだと思います。お客様の笑顔を見た時が一番幸せですし、自然とこちらも笑顔にさせてもらってます。飲食店ほど不特定多数の人を接客してダイレクトにお客様の反応をみられる職種はあまりないと思います。『ありがとう』『ごちそうさま』

など声をかけて頂くととてもうれしくやりがいがあります。また、お店に笑顔が増えれば増えるほど売り上げは上がってきますしとても楽しいです。まさに飲食業は笑顔を作る仕事です。

 

②資金繰りが楽

 飲食店の場合は、基本的には、まだ現金払いが多いので、回収がすぐできて、手元にお金が残りやすいです。近年ではカード払い、電子マネーの支払いも多くなってきていますが、こちらもカード会社から1か月足らずで振り込まれますし未回収になることはありませんので、資金繰りには困りにくくなります。さらに、仕入れなどの支払いにおいても、基本的に翌月払いの業者様が多いため、資金繰りがしやすいです。

③スタッフの成長

 スタッフの成長を感じられるところも飲食店のいいところだと思います。

スタッフ教育も大事な仕事ですが、人を育て、その人が輝いて働いている姿をみると

とてもうれしく思います。

1店舗目のお店は高校生・大学生のスタッフが多かったのですが、まだ社会との接点がアルバイトしかない彼らの社会への架け橋に少しでもなれることができたかな?と思います。成長した彼らが社会へでて羽ばたいていくことを考えるだけで感無量です。

④新規参入しやすい

 これが、最初に自分が始めた一番の要因です。

特に必要な免許はないですし、保健所、消防署の許可さえとれば誰だって参入することができます。居抜きの店舗でそのままOPENすれば初期投資もあまりかからないので低資金での開業もできます。これは反対にデメリットにもなって、ライバル店があくさんあるということにもなります。自分の場合は他のお店には負けない根拠ない自信があったので、その勢いもあり飲食業に参入することにしました。結果最初は、ものすごく苦労しました笑

 

以上のことが実際、僕が体験した飲食店の良いところ(メリット)です。

飲食店経営は厳しいと言われていますが、まず自分が笑顔で働いてお客様を笑顔にして良い空間を提供し続ければ必ず成果はやってきます。誰にでもできて、真剣に取り組めば成果がダイレクトにでるのも飲食店の良いところだと最後にお伝えします。